2019年J-GP2クラスの3戦目は筑波で開催!

全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦は茨城県筑波サーキットでの開催。
関東を代表する歴史のある筑波サーキットの全長は僅か2キロ。1周のラップタイムが1分足らずとコンパクトな為、レース展開が把握し易く間近でバトルを見ることが出来る。パドックを開放しているため、訪れた観客にとっても選手やマシンと近く人気のあるサーキットである。
パッシングポイントが要所にあり、180度以上曲がる筑波名物のバンクの付いたタイトコーナーの連続、短いバックストレートから飛び込む中速の最終コーナーと難所ばかり。
徳留にとっては過去に幾度も表彰台経験があり相性の良いサーキットである。

フロント周りの感覚を掴みにくい症状を改善する為、SUGOレース後フロントサスペンションの仕様を変更。
二日間で行われた事前合同テストでは幾らかの改善は見られるものの傾向は変わらず、ハードブレーキングをしながらのコーナーリングの多い筑波のレイアウトにフロント周りの頼りなさが残る。
少しでも改善させるためにレースウィークに向けて新品フレームを前倒しして投入。問題解決のために出来る事をやるしかない。

それでも金曜日のART合同走行で若干の改善は見られたが、やはり根本的には解決出来ないでいる。

6月22日 土曜日 天気:晴れ 路面コンディション:ドライ

公式予選 8位 58"561

天候は雨が降ったり止んだりで不安定な筑波。しかしGP2クラスの予選は何とかドライコンディションで行われた。
徳留は中盤に自己ベストに近い58”561をマーク。
周りもペースを上げているため6番手辺り。一度ピットへ戻りフロントの微調整を行いコースイン。継続的にベストタイムに並ぶタイムを刻むがそのままタイムは上がらず、予選中盤にマークしたタイムがベスト。トップから1秒3遅れの8番手にて終了。


決勝レースになると確実に順位を上げてくる徳留。現状は厳しいが午後からのレース1に期待したい。

午前の予選以降天候が悪化。決勝レースが始まる頃には完全なウェットコンディションとなった。

ドライコンディションでも試したかった柔らかめのスプリングが予選後に届いた為、決勝レース1を前に変更することになった。
3列目中央からのスタート。1周目を9番手で通過。序盤に前を塞がれる形で前の選手との差が広がる。
7周目に単独8位に上がると前を行くグループと変わらないタイムで周回を重ねる。

レース終盤には路面の水の量も減りコンディションが向上。しかし後半にタイムが上がらないまま単独の8位でチェッカーを受ける。

6月23日 日曜日 天気 くもり 路面コンディション ドライ
ウォームアップ 8位 58"504
朝のウォームアップ走行では、RACE1で得た結果からドライでのセットを見直しコースイン。
序盤から好ペースでの周回。最終的に8位で終了となったが、マシンのフィーリングは向上。切り返しの反応の悪さを除けばこのウィークで一番走りやすくなった。RACE2に向けリアサスペンションの動きが出せるセッティングへ見直すことになる。

レース2のグリッドは予選の2番目の自己ベストタイム順となるのだが、8番手3列目中央からは変わらない。

時折小雨の落ちる不安定な天候となったが、しかし路面はドライコンディションの中レースがスタート。1周目は8位。今回も序盤からペースが上げられず、集団に離されその後の挽回も出来ずにいる。セッティングの変更が外れたのか、ウォームアップ走行よりもタイムが上がらない。そのまま20周を走り切り8位でチェッカー。

2レース共に序盤のペース上げが悪く、得意の追い上げも発揮出来ないレースとなってしまった。
次戦は8月31日・9月1日開催の岡山県岡山国際サーキット。後半戦のスタートとなる岡山で良いスタートを切りたいところだ。

予選・レース1・レース2共に8位となりました。
土曜日のレース1のウェットでは序盤でのペース上げが良くなく、中盤こそペースは悪くなかったですがセッティングを柔らかめに設定した為、後半のグリップの上がった所で踏ん張りが効かなくなりペースを上げられなくなりました。

日曜日のドライでのレース2。
印象の良かった朝のウォームアップからリアのセッティングを変えたのですが、頼りないフロントへの負担が大きくなり旋回力が悪くなってしまいました。
毎走行毎にセッティングの変更を繰り返しているため、特に序盤は探りながらのレースとなってしまっている。ただ要所要所で改善がみられているので、そこを活かせるようにしたい。フロント周りに安心感が無い為コーナーを攻めるのでは無く、走行ラインに乗せに行っている走りになっている。
夏のインターバルに問題解消の為のテストを行い、自分自身が自信もって攻められるマシンに近づけます。SUGO以降スタッフを入れ替え、試行錯誤しながら頑張ってくれており良い雰囲気でレースが出来ています。

前半戦が終了しましたが、後半戦では西のサーキットが続きますしもっと勝負がしたい!
成績が出せず応援して頂いている皆様には大変申し訳ないです。
スポンサー様方、ファンの皆様に感謝しています。

今後とも引き続き応援宜しくお願い致します。